真夏の護国寺・雑司ヶ谷をウォーキング

さんぽ


こんにちは、てくてくです😄
暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今回は、護国寺、雑司ヶ谷方面をウォーキングしてみたいと思います。護国寺は車で通過する程度でお寺に行ったことはなく、雑司ヶ谷については地名のみ。なんとなく文豪の街っぽいという漠然としたイメージしかないので実際にあるいて雰囲気を伝えていきたいと思います。

江戸川橋駅「1a」の出口を出て、音羽通を護国寺方面に歩いていくとすぐに神田川があります。水はかなり綺麗で大きい鯉も泳いでいます。神田川沿いには遊歩道があり、春には桜が満開になるようです。神田川もかなり綺麗になったんですね。。

音羽通から首都高5号線の高架下までいっていみると、整備された公園がありました。雨が降っても濡れずに遊べるので子供達には喜ばれそうです。音羽通に戻る途中に「八百招地蔵」というお地蔵様を発見しました。こういう発見が楽しいです!

音羽通りを約1Kmほど進むと護国寺に到着です。
仁王門の正面には金剛力士像が安置されいて、右側は阿形像・左側は吽形像いわゆる「あ・うん」ですね。裏側にも二天像が安置されています。

仁王門をくぐると右側に音羽富士があったので頂上まで登ってみました。東京には約50箇所のミニチュア富士があるそうです。山頂まで約7メートル、1分もかからず登頂に成功しました!
リアル富士山の時は頂上まで7時間くらいかかって死にそうでした💦しかも下りも想定以上に時間がかかり、途中で日が暮れて暗闇の中を下山する事に…。5合目から駐車場までの20時の終バスにギリギリで乗車しましたが今となってはいい思い出です。

本堂の手前には、大仏やお地蔵様が安置されています。暑いせいか人がまばらです。

雑司ヶ谷弦巻通を歩いて、雑司ヶ谷霊園にむかう途中に「雑二ストアー」なるアーケードが。
普段はお店が開いているのでしょうか…。いろいろ発見があって楽しいですね。

雑司ヶ谷霊園です。
ここには、夏目漱石やジョン万次郎なでの著名人のお墓がたくさんあります。

雑司ヶ谷鬼子母神堂です。

その昔、鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれ、王舎城(オウシャジョウ)の夜叉神の娘で、嫁して多くの子供を産みました。しかしその性質は暴虐この上なく、近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。お釈迦様は、その過ちから訶梨帝母を救うことを考えられ、その末の子を隠してしまいました。その時の訶梨帝母の嘆き悲しむ様は限りなく、お釈迦様は「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。そこで訶梨帝母ははじめて今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依し、その後安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。

KISHIMOJIN OFFICIAL SITE,

https://www.kishimojin.jp/index.html

雰囲気のいい路地を発見しました!隣が墓地だなので夜は少し躊躇しそうですが、昼間は気持ちいいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました